家の間取りを決める際に意外と頭を悩ませるのが和室の配置です。和室をどのように利用させるかで和室の配置も変わってきます。今までは玄関の近くに独立型の和室が設けられることが多かったです。独立型の和室は、客間として利用するには便利です。生活感溢れるリビングを見られることなく、家にお通しできるのでいざという時はこのようなスペースがあると助かります。

また、宿泊ルームとして利用する際もリビングからのテレビの声や喋り声を気にすることなく、ゆったりとくつろいでもらうことができるのです。しかし、最近では客間にお通しするお客様が来る機会が減ってきました。家に来るお客様は気心の知れた人ばかりで、このような場合はリビングにお通しします。そのため独立型の和室を設けてもほとんど使用しないため、リビング延長型の和室が人気を高めているのです。

普段は建具で仕切らずオープンにしておくことで、リビングにより広さや開放感を与えてくれます。和室をリビングの延長として多目的に使用することができます。子どもが和室で遊んだり、昼寝をしていてもキッチンで家事をしながら確認できれば家事と育児の両立もしやすくなるのです。

和室を建具で仕切ってしまえば個室としても利用でき、宿泊ルームとして利用したり、将来的には夫婦の寝室として利用させるのもいいでしょう。和室をどのように利用させたいかで独立型の和室にするか延長型の和室にするか決めるといいと思います。和室は数を少なくしていますが、畳の居心地の良さは私は大事にしたいと思っています。


Comments are closed.

Posted by 坂本ゆう子
Dated: 23rd 4月 2017
Filled Under: 家の話