洗面室は洗顔・脱衣・洗濯という様々な目的で使用される空間です。家族みんなの使用頻度も高く、最近ではユーティリティスペースとしても利用させる家庭も増え広々とした洗面室が設けられることも増えています。今までは洗面室の広さは1坪と言われていました。最近では1坪の洗面室の方が少なくなりつつあるのです。しかし、我が家は1坪の広さの洗面室です。しかし、1坪という限られた広さの空間ではありますが、工夫次第で1坪でも十分であると感じています。

まず洗面室の扉を引き戸にします。引き戸にすることでデッドスペースを生まず空間を最大限に有効活用しやすくなります。そして、窓の設置場所は、多くの家庭で洗濯機の上部辺りに設けられますが、天井近くの高い位置に設けました。そうすることで壁面を確保でき、スペースを活用しやすくなりますし、窓を物でふさいでしまうこともないのです。高い位置に設けられるためチェーンで開閉できるようにしておくのです。採光・採風可能となることで洗面室の明るさや風通しを確保でき、心地よい空間が広がります。

そして、洗面台と洗濯機を横並びに配置します。そうすると30㎝ほどの隙間が生まれます。我が家は隙間をそのままにせず洗面台と高さと奥行を合わせた隙間収納を設けました。わずかな隙間も生まないようにするには収納スペースを造り付けておくのもいいでしょう。隙間収納と言えども、お化粧品やヘアアイロン、タオル類など洗面周りで必要な物をしっかりと収納できます。そして、洗濯機の上部の壁面には可動オープン棚を設けて下着やパジャマの収納スペースを確保することができています。1坪でも空間を無駄にせず有効活用させることで十分な広さなのです。


Comments are closed.

Posted by 坂本ゆう子
Dated: 20th 3月 2018
Filled Under: 家の話