シックハウス症候群は、家が建ってしまってから症状が出ることが多い。原因が建材や家具、カーペット、壁紙……家を構成する材料や調度品などから有害物質が染み出しているためだ。

ならば、シックハウス症候群を未然に防ぐには、建築前からどう家を建てるか、「材料」の吟味が重要になる。

最近になって珪藻土を使った住宅の看板を見るが、なんとこの珪藻土、ホルムアルデヒドなどの有害化学物質を出さずに、逆に吸い取るという性質がある。シックハウス症候群を引き起こす原因物質を吸い取ってくれるのだから、症状の予防と改善に繋がる。

そしてアレルギーを持ちには、健康を守る重要な項目として、調湿機能がある。

湿気を吸って、適度に吐き出す湿度コントロールによって、カビやダニが発生しづらくなる。ハウスダストの抑制だ。カビの胞子やダニの死骸、フン等はアレルギーを引き起こす原因だけに、珪藻土がもつ調湿機能はなかなか優秀だ。

さらに、珪藻土を使った建材に共通する項目として、燃えないという点がある。

万が一の場合に有害なガスを出さないばかりか、延焼による隣近所への迷惑も最小ですむ。

もちろん、通気性と断熱性にも優れている。珪藻土は「土」という言葉がついているが、もともとは珪藻と呼ばれる藻の一種が化石化した岩石のことで、その原料の特性上、建材には小さな穴が開いている。そこから空気が出入りするので、適度な通気性を確保しながら、エアコンをはじめとする空調機器なども控えめ運転で部屋の中を快適に保てる。

自宅の快適だけでなく、隣近所にも安心を。

この珪藻土、シックハウス症候群の予防に加えて、吸着効果から症状の緩和にも役立つのではと、医療効果としても注目されているアツい建材だ。


Comments are closed.

Posted by 坂本ゆう子
Dated: 11th 12月 2012
Filled Under: 家の話